読書について

読書

いつの時代でも本を読むことが好きな人は、たくさんいます。一人ひとりの読者は、いろんな読み方で読書を楽しんでいると思います。

「読書について」書かれているこの本は、三篇からなっています。読書については、わずか20数ページしかありません。

本を読む。どのように読み進めたらいいのか?読書する行為にたいして、一石を投じています。

著者は、ドイツ出身の哲学者であり思想家のショウペンハウエルです。

彼は、読書する我々に対して強烈な一言を放ちます。

読書とは、

読書とは紛れもなく、「他人にものを考えてもらうことである。本を読む我々は、他人の考えた過程を反復的にたどるにすぎない。そして、次第に自分でものを考える力を失っていく。」と言っています。

確かに、省みてみるとよくある口癖の一つですが、

読みながら

「なるほどね~。」と、うなずくな! 迎合するな!と言っています。

読書とは、「絶えず読むだけで、読んだことを後でさらに考えてみなければ、精神の中に根を下ろすこともなく、多くは失われてしまう。」 では、どのように読んだら良いのでしょう?

多読をしない。

多読にたいして、「取り過ぎればとりすぎるほど、過剰による精神の窒息死を招きかねない。読まれたものは精神の中に、真の跡をとどめないのである。そして精神は、たくさんのことを次々と重ねて書いた黒板のようになるのである。したがって読まれたものは反芻され熟慮されるまでに至らない。」

消化することなく、次から次へと積み重ねられた思考。そのような読み方は、まったく意味をなさない。食べ物は、食べることによってではなく、消化によって我々を養うのである。と、ただ単に読み続けていくことを否定しています。

そして、重要な書物はいかなるものでも、続けて二度読むべきである。「反復は研究の母なり。」それというのも、二度目になると、その事柄の繋がりがより良く理解されるし、すでに結論を知っているので、重要な発端の部分も正しく理解されるからである。と、説明しています。

文学

読むべき文学にたいして、

文学は、常に二つある。この二つはほとんど無縁の関係にあって、並行の道を歩む。

すなわち文学には、「真の文学と単なる偽の文学との区別がある。真の文学は永遠に持続する文学となる。それは学問のため、あるいは詩のために生きる人々によって営まれ、静かに厳粛に歩む。」

近代文学作品年表

発表年作品名作家名
1885小説神髄坪内逍遥
1886小説総論二葉亭四迷
1887浮雲二葉亭四迷
1888あひゞき二葉亭四迷
1889二人比丘尼色懺悔尾崎紅葉
1890舞姫森鴎外
1891五重塔幸田露伴
1892即興詩人森鴎外
1895たけくらべ樋口一葉
1896東西南北与謝野鉄幹
1897若菜集島崎藤村
金色夜叉尾崎紅葉
1898武蔵野国木田独歩
1900高野聖泉鏡花
1901落梅集島崎藤村
みだれ髪与謝野晶子
1902うもれ木与謝野鉄幹
1903
1904君死にたまふことなかれ与謝野晶子
1905吾輩は猫である夏目漱石
1906破戒島崎藤村
坊っちゃん夏目漱石
草枕夏目漱石
囚はれたる文芸島村抱月
野菊の墓伊藤左千夫
1907婦系図泉鏡花
蒲団田山花袋
1908島崎藤村
1909ヰタ・セクスアリス森鴎外
1910人形の家島村抱月
青年森鴎外
1911森鴎外
1913木乃伊の口紅田村俊子
1914
1915羅生門芥川龍之介
1916高瀬舟森鴎外
明暗夏目漱石
1919或る女有島武郎
1920惜しみなく愛は奪ふ有島武郎
1925檸檬梶井基次郎
1926伊豆の踊子川端康成
1927或阿呆の一生芥川龍之介
1933春琴抄谷崎潤一郎
1934銀河鉄道の夜宮沢賢治
1935雪国川端康成
1937濹東綺譚永井荷風
1940走れメロス太宰治
1943細雪谷崎潤一郎
1947斜陽太宰治
堕落論坂口安吾
1948人間失格太宰治
1949仮面の告白三島由紀夫
1954山の音川端康成
潮騒三島由紀夫
繋がるツタの葉

お問い合わせ